年会費無料のイオンゴールドカードがおいしい!

イオンクレジットカードを作って、一定の条件を満たすと、ゴールドカードへのアップグレードができます。招待制なのでこちらから自由に申し込むことはできませんが、一度ゴールドになれば年会費が無料でゴールド特典が付いてくる大変お得なカードです。

ぜひゴールドカードを目指しましょう!

ゴールドカードの特典はラウンジ利用がお得!

ゴールドカードになったら、何がいいのか?

一番の特典といえば、イオンラウンジが使えることです。

いわゆる休憩所です。大きなイオンモールではだいたいイオンラウンジが設置されており、買い物の間に休憩ができます。雑誌や新聞、飲み物の無料サービスもあるというなんともサイコーな施設なわけです。

人気な場所や土日などの混雑が予想される日には、1回のご利用時間が30分です、というような制限がかかります。が、そのおかげか、いつでもわりとすんなり入れます。利用客のマナーも良いのか、気持ちよくみんなでつかえるラウンジというのは素敵ですね。

Unsplash / Pixabay

毎日イオンに行くほど近所の方は、カフェ的に通うこともできてしまうという、イオン利用者にとっては十分使える特典だと思います。

羽田空港エアポートラウンジサービスが使える

羽田空港のラウンジも使えます。場所は、

羽田空港第一旅客ターミナル内

・エアポートラウンジ[中央]
ビジネスコーナー2室
シャワールーム1室
座席数28席(禁煙19席、喫煙9席)
・エアポートラウンジ[北]
座席数135席(禁煙84席、喫煙51席)
・エアポートラウンジ[南]
座席数149席(禁煙90席、喫煙59席)

羽田空港第二旅客ターミナル内

エアポートラウンジ[南]
座席数84席(禁煙75席、喫煙9席)
エアポートラウンジ[北]
パソコンブース2室
シャワールーム2室
座席数70席(禁煙55席、喫煙15席)
エアポートラウンジ[北ピア]
座席数66席
(禁煙47席、喫煙12席、バーカウンター7席)
ビジネスコーナー1室

となっています。できることが結構多くて、

  • フリードリンク
  • TV
  • 新聞、雑誌
  • 喫煙室
  • インターネット(有料)
  • マッサージチェア(有料)
  • コピー、FAX(有料)
  • 無線LAN(有料)

TheDigitalWay / Pixabay

当日の航空券が必要なのと、同伴者は有料となってしまう点は注意です。羽田空港に行く際にはゆっくりくつろげます。

その他買い物がお得になる特典も

イオンカードでは、利用していると、サンキューパスポートといって、好きな日に5%オフにできるチケットが届きますが、ゴールドカードでは不定期に、イオンゴールド会員限定優待パスポートがとどきます。5%オフの対象品目が増えたり、衣料品20%オフなど、割引率が高くなっています

家族カードも3枚まで無料で使えます。

もちろん家族カードでも通常カードと同じような還元率や割引、ラウンジの利用などができます。これらもふくめて全部年会費無料!イオン利用者ならゴールドをいつか取得したいと思うのではないでしょうか。

各種充実した保険が無料で付帯

stevepb / Pixabay

海外旅行傷害保険(最高3,000万円)

カード利用の有無にかかわらず最長30日までけがや病気を保証してくれます。

国内旅行傷害保険(最高3,000万円)

こちらはカードで宿泊代や旅行代金を支払った場合保障してくれます。

ショッピングセーフティ保険(年間300万円まで)

偶然の事故等で被ったカードでのお買い物商品に対し、購入日から180日間、年間300万円まで補償してくれます。

ゴールドカードを手に入れるには?

どうやったらゴールドカードにできるの?ということですが、大前提として、イオンカードかイオンカードセレクトである必要があります。イオンカードと提携しているSuicaカードなどではイオンゴールドカードの招待は来ません。

その上で結論から言うと、もっとも難易度が低いのは、イオングループで直近1年で60万円以上利用することでしょう。

つまり、カードを作ったらイオングループでできるだけ生活するようにカードを使って年間60万円を達することができればゴールドカードへの招待がきます。

イオングループでなくとも、カードの利用額が年間100万円以上でもゴールドカードにできます。年間のカード利用件数が120件以上で、かつ利用金額80万円以上でも同様にゴールドカードの招待が来ます。イオンで使わなくとも、お買い物のカード決済をイオンカードに統一して使っていると、十分ゴールドにできる可能性がありますね。

それでも年間でそこまで使わない、という方でも累計500万円でゴールドカードへの招待が来ます

イオンカードセレクト限定で、さらに

・イオン銀行の住宅ローンを利用
・定期預金残高が500万円以上
・投資信託残高がある
・個人年金保険を契約

等の条件で満たせますが、なかなかハードルが高いですね。私は普通にカードを利用してゴールドカードを目指しています。

無理して使わなくても使っていたらいつかゴールドになるだろう、と気軽に構えています。ゴールドにするために無駄にお金を使うのもなんか違うと思いますし・・・

もし高額出費するときがあれば、その年に狙ってみるのがいいんじゃないでしょうか。

まずは、年会費無料で特典多数のイオンクレジットカードを作ることからはじめませんか。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする